解決までの流れ

解決までの流れ

ここでは、家賃回収・建物明渡請求事案の一般的な事案における解決までの流れについて解説致します。

ご依頼から解決までの流れの詳細

STEP1
お電話/メールでのお問い合わせ・面談予約
無料
まずはお電話やメールでお問い合わせいただき、当事務所に御来所いただく日時をご予約下さい。
(※出張相談につきましては、場合により対応いたしますので、お問い合わせください。なお、出張場所によっては事前に日当と交通費を頂戴いたします。)

STEP2
弁護士との面談
無料
資料を確認し現在の状況を伺ったうえで、弁護士としての見通しをお伝えします。

STEP3
受任
着手金が発生します
ご依頼者様のご意向に基づき受任いたします。(利益相反等の事情により受任できない場合もございます。)
面談時にそのまま受任させていただくことも可能です。

STEP4
内容証明郵便で、借主に通知
3日〜1週間後
内容証明郵便で、支払期限を区切って滞納賃料の支払を求め、支払がなければ賃貸借契約を解除して退去を求める旨を通知します。
通知後、賃料支払や退去について、借主と協議を行います。

STEP5
期限後、訴訟提起
内容証明で設定した期限の翌日〜2週間後
その段階で必要な調査が終わり、資料が揃っていれば速やかに裁判所に訴訟を提起します。訴訟提起後、借主と賃料支払や退去について協議を行います。

STEP6
裁判期日~判決
訴訟提起から1か月~
裁判所で裁判期日が開かれ審理されます。借主が裁判所に出廷せず1回で終了となることもあります。判決後、借主が退去に応じる場合には、退去期限を設定し退去していただきます。借主が退去しない場合には、次の強制執行手続きを執ります。

STEP7
強制執行の申立および手続
判決から1ヶ月〜1ヶ月半 執行申立にかかる着手金が発生します 執行費用を事前にお預かりし、終了後清算いたします
裁判所に強制執行を申し立て、裁判所の強制力を持って借主を退去させます。場合により大家様や管理会社様の立ち会いが必要となります。執行費用を事前にお預かりし、終了後清算いたします。

STEP8
退去完了
報酬金および実費精算が発生します
退去をご確認いただき、報酬金などの精算を終えて事案解決完了となります。

事案によって異なる点があります

上記はあくまで通常のよくある事案を例にしています。実際には、おかれた状況や相手方の対応、裁判所の都合(裁判官の夏休み、年末年始など)によって、かかる日数などに変動があります。(手続きとしてやることは、あまり変わりはありません。)

あくまで目安として参考にしてみてください。

ご相談は早い方が効果的です。
家賃回収・建物明渡についての相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。
サイト内ページコンテンツのご紹介
家賃回収/建物明渡の詳細ページのイメージ

どう解決するか?

実際にどうやって家賃を回収し、退去してもらうのか。法律をどうやって使い、話し合いを進めて行くのか、ご依頼主である家主様の手間はどのくらいかを解説しています。

当職の経歴・実績ページのイメージ

選ばれ続ける3つの理由

当職・当事務所が、家賃回収・建物明渡につき3000件超もの案件を解決し選ばれ続けてきた理由は、「スピード」「確実な処理」「経験に基づく理解・判断力」に集約されます。

解決までの流れページのイメージ

解決までの流れ

お客様からご相談いただきご依頼いただくまで、ご依頼頂いてから解決するまでの流れを、必要な手続・手間・時間・費用の側面からあらかじめ全てご説明しております。

費用の詳細ページイメージ

費用について

かかる費用は事案により様々といってしまえばそれまでなのですが、具体的にいくらかかるのかをなるべく開示したいと考えています。特段費用がかかりそうな場合は、ご相談時にもあらかじめ説明申し上げます。

顧問契約ページイメージ

予防/顧問契約について

様々な借主が居る中で全く問題が起きないようにするというのは難しいですが、問題が起きにくくすることと問題が起きたときにより素早く対処できるようにするため顧問契約という選択肢もあります。

お問い合わせについてのページイメージ

お電話/メールでのご相談

まずは、お電話やメールでご相談ください。当職・当事務所の営業日時やご相談いただく際の注意点などをまとめています。とはいえ、お気軽にお電話いただければと思います。

ご相談は早い方が効果的です。
家賃回収・建物明渡についての相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。