【明渡請求訴訟事件の実務】2 明渡請求訴訟の特徴 (4)送達の問題 

 民事訴訟においては、原告から提出された訴状を、裁判所が被告に送達するという手続がとられます(特別送達)。これは、被告の裁判を受ける権利を保障するとともに(自らの知らないところで裁判が進行することを防ぐ)、被告の訴訟における防御権を保障し、反論の機会を与える(訴訟で主張する機会を与える)ためです。
 裁判所が行う特別送達は、原則として郵送で行われます。そして、送達のあて先は、被告の住所、居所、営業所、事務所に宛てに行うのが原則です。加えて、書留郵便にて送付されますので、裁判書類の配達時に被告などが不在で書類を渡すことができない場合には、不在通知がポストなどに投函され、書類一式を一定期間郵便局で保管することになります。
 一般的な民事訴訟では、訴状を含む書類一式を被告が問題なく受け取り、手続きが進んでいくことがほとんどです。
 しかし、家賃を滞納している賃借人の方は、裁判書類を自宅に送達しようとしても、裁判所からの書類を受け取らない傾向にあります。居留守を使うことが多いということと、裁判所などの公的機関から送付された書類に対する拒否反応等もあるように思われます。
 最初の郵送による特別送達が、被告が受け取らなかったことにより成功しなかった場合、送達ができないことになり、裁判手続きは進みません。被告の受け取り拒否により裁判手続が進まないとになれば、被告による訴訟の引き延ばしを許してしまうことになります。また、被告の所在がそもそも不明の場合には、送達ができないことにより裁判手続きが一向に進まないという不都合が生じます。
 そこで、民事訴訟法は、被告の就業場所に送達することを認める就業場所送達、被告の住所に書留に付する郵便として送付する付郵便送達、被告が所在不明の場合における公示送達など、さまざまな送達方法を定めています。これにより、被告に対する送達が実現することになります。
 しかしながら、これらの送達方法については、要件が定められているほか、特に公示送達の場合には、所在不明の事実を写真や報告書などにより明らかにしなければならないなど、その認定は厳密に行われます。また、どのような送達方法を行うか、非常に悩ましい場合も多々あります。書記官や裁判官と意見が異なることもありますので、どのようにスムーズに送達を進めるか、弁護士としても悩むことが多々あります。
 このように、明渡請求訴訟は、送達が比較的問題になりやすいという点がその特徴であるということができます。

投稿日時: (約9ヶ月前)
ご相談は早い方が効果的です。
家賃回収・建物明渡についての相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。
サイト内ページコンテンツのご紹介
家賃回収/建物明渡の詳細ページのイメージ

どう解決するか?

実際にどうやって家賃を回収し、退去してもらうのか。法律をどうやって使い、話し合いを進めて行くのか、ご依頼主である家主様の手間はどのくらいかを解説しています。

当職の経歴・実績ページのイメージ

選ばれ続ける3つの理由

当職・当事務所が、家賃回収・建物明渡につき3000件超もの案件を解決し選ばれ続けてきた理由は、「スピード」「確実な処理」「経験に基づく理解・判断力」に集約されます。

解決までの流れページのイメージ

解決までの流れ

お客様からご相談いただきご依頼いただくまで、ご依頼頂いてから解決するまでの流れを、必要な手続・手間・時間・費用の側面からあらかじめ全てご説明しております。

費用の詳細ページイメージ

費用について

かかる費用は事案により様々といってしまえばそれまでなのですが、具体的にいくらかかるのかをなるべく開示したいと考えています。特段費用がかかりそうな場合は、ご相談時にもあらかじめ説明申し上げます。

顧問契約ページイメージ

予防/顧問契約について

様々な借主が居る中で全く問題が起きないようにするというのは難しいですが、問題が起きにくくすることと問題が起きたときにより素早く対処できるようにするため顧問契約という選択肢もあります。

お問い合わせについてのページイメージ

お電話/メールでのご相談

まずは、お電話やメールでご相談ください。当職・当事務所の営業日時やご相談いただく際の注意点などをまとめています。とはいえ、お気軽にお電話いただければと思います。

ご相談は早い方が効果的です。
家賃回収・建物明渡についての相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。